華やかなご宴会

舞妓

舞踊・御囃子などの芸で宴席に興(きょう)を添えることを仕事とする、おおよそ二十歳未満の女性のことで、芸妓の見習い修行中の方を舞妓さんと呼びます

芸妓(立方さん)

舞や唄、三味線などの伎芸でもてなす女性を芸妓(げいこ)といいます。日々のお座敷でのおもてなしをはじめ、国際交流の場で日本の伝統文化を伝える役割も果たします。

芸妓(地方さん)

地方さんとは、お座敷で三味線を弾いて唄を唄ってくれる芸妓さんのことです。舞妓さんの頃から芸の練習を続け、3,40歳くらいになって、ようやく一人前の地方さんになれます。

京料理うえのでご予約ください

お茶屋遊び

金比羅ふねふね

歌や三味線に合わせて、徳利のはかまを芸舞妓さんと取り合う遊び

べろべろの神様

べろべろの神様は正直な神様で…と歌いながら、箸を順に回していく遊び

麦つんで

お客さんと舞妓さんが車座になって座り、十円玉を手渡しで渡していく遊び

とらとら

地方さんの唄と演奏にあわせて、お互いの姿が見えないようにして楽しむ

料金

2名様からでも予約可能(90分)。10名様以上の場合ミニ懐石付きで1名様11000円(税込)

祝日、時間外の場合は予約が取れない日がございますので、一度お電話でお問い合わせくださいませ。

御弊

割箸に紙を挟み、隣の人に回す。歌が終わった時に持っていたら負け

相場拳

どちらかが親になり数を言う。その時上げた手と言った数があえば勝ち

ばら拳

お互いの口と手でじゃいけんをして、言った言葉と手をあわす

おまわりよいやさ

太鼓をたたくじゃいけん遊び。負けたら回転し、又じゃいけんをする